モルディブ

いまさら旅行記~モルディブ⑦

画像のアップロードがうまく行かなくて、迷い話の続き。

2009_04050089

水上コテージの桟橋と、陸地(?)の境目。警備のスタッフがたいてい常駐してます。いざジャングルへ!

1

この道しるべが曲者

Waters edgeはバーです。2009_04050155 Reception もレストランも島のセンターにかたまっているわけで。水上コテージWater Villasからレストランに向かっているはずなのになぜ同じ方向に矢印が向いているのでしょう

2009_04020383

カート2009_04020453が走っているので、上手くつかまえて乗れるとラッキー道に迷ったときや昼食時などは天のお恵みのようにありがたいでも島内一方通行なので、すれ違うことの方が多い。

桟橋で写真を撮ったあと食事に行こうと思っていたら、ゲストを送り出した空のカートに運良く乗せてもらえた。遊園地みたいで楽しいっす

2009_04020409

満潮時は砂浜ギリギリまで波が来るところもあるけど、基本的にぐるりと砂浜を歩いて一周することができます。コテージやプールが海に面してます。

ジャングルで迷うよりは浜辺を歩いた方が気持ちいいけど・・・暑いしちょっと遠回りです。おまけにチェアーでくつろいで本を読んでるゲストの前を汗だくでガシガシ歩くこともあります。

| | トラックバック (0)

いまさら旅行記⑥~モルディブ

前回の続き・・・なぜ、迷いっぱなしだったかというと

・・・島内は周回の一本道なのにジャングル!?2009_04050152_2

  毎食、レストランに行くのに片道15分歩きます×3

ダイビングが終わってボートの桟橋からも15分です運動不足になりようがない。よく歩いたなあ~

コテージが道からはすぐ見えないようになってるし、スタッフオンリーのエリアもうまーく木々で目隠しされてるわけ。一本道のつもりで歩いていると、それてコテージの入り口についちゃってあわててUターンしたら方向がわからなくなったりするの。

何度、スタッフをつかまえてI have lost my way!と叫んだことか・・・(英語、あってる?) お掃除や水まき、帰宅(!)途中のスタッフに会えればいいけど、会えないときもある。暑いし不安だしもう半べそです

やっと慣れてきた頃に、帰らなきゃいけないのがすごく残念でした!

| | トラックバック (0)

いまさら旅行記~モルディブ⑤水上コテージ

利用したリゾートはイルフシ・ビーチスパ&リゾート 新しいリゾートで、他と比較できないけどかなり豪華でした。

「一島、一リゾート」って行ってみないとイメージできないですよね。一つの島がディズニーランド(リゾート)って思えば近いでしょうかね。島まるごとで別世界。

飛行機発着場のウエルカムボード(?)1

日本人スタッフがお出迎えしてくれるので、ほっと一安心です。

日本人スタッフMr.Fujiwaraのブログ。http://ameblo.jp/irufushi/entry-10153897895.html

レセプションでチェックインのあと水上コテージに案内されました。あとで書きますが、この島は大きい。一周1時間の島(小さいところは1周15分ですからね)

2009_04020448

ずらーっと並んでいるコテージの先から2番目が私らのお部屋♪

2009_04020212

2009_04020136

3人は余裕で寝られるベット。

ベットの脇の床が一部ガラス張りになって下がのぞけます。(ライトに魚があつまります)大はしゃぎで部屋中の写真を撮ったはずなのに(それこそ洗面所からトイレ・シャワールーム、ミニバーまで)いったいどこへ行ってしまったんだ???

2009_04020132お気に入りのテラス。

2009_04020135

海が見えるジャグジー。よく故障するってフジワラさんのブログにあったので恐る恐る入ってみた。

無事に入れたけど、お湯を抜いた後に訳が分からなくなってた

海に向かってコテージが並んでいて島の中心にレストランや公共施設(レセプションやショップやレクリエーションルーム、プールなどなど)があります。そのもっと内側にスタッフオンリーのエリアがあると思われる。一切見えないようになっているのはディズニーランドを思わせます。

まだこの時はカートで送ってもらったので、島の大きさが実感できないのであった・・・。2009_04050087こんなに同じコテージが並んでいたら迷っちゃうね~ 

・・・冗談じゃなく・・・本当に3日間迷いっぱなしだったんです!!   

| | トラックバック (0)

いまさら旅行記~モルディブ④水上飛行機

ホテルがある首都マーレからまたドーニに乗って空港の島フルレに向かいます。エアタクシーのチェックインカウンターで荷物を預けます。手荷物も全部重さを量ってました。(でも体重申請はなかったです)赤×白の飛行機と青×黄の飛行機の会社があるみたい。それぞれ受け持つリゾートが別れていて、私たちは赤×白のMALDIVIAN AIRTAXIでした。こっちの方がかっこいいい

2009_04020073_2

定期便ではなくお客の状況の中でやりくりしてるんだろうけど、行きも帰りも同じ操縦士(というの?)さんたちでした。

バンで移動した後の待合室。

2009_04020075

この飛行機がたくさん浮いてる。

2009_04020079

荷物を積み込んでまーす。操縦士さんカッコイイでもずっと裸足。彼は島の中でも裸足で歩いてた。足の裏は熱くないのか

2009_04050173

機内はこんな感じ。右が二列で左が一列。

窓からは眼下にこんな景色がずっと見えます。サンゴが堆積してだんだん島になる成長過程がわかります。リゾートがあると、それぞれ島の大きさに合わせた施設のレイアウト2009_04020091が違っていておもしろかったですね。このあたりの変化も魅力の一つなのかもね。次はどこに行こう・・・?という。

2009_04020106  

そうこうすること45分(直行だって言われてたのに、途中別のリゾートにも立ち寄って人を降ろしつつ)無事にイルフシへ到着です!かなり感激

どこかに動画を貼り付けたのだけれど・・・。探しておきます

船着き場が近づいてきたテンション上がってるよー ドキドキです2009_04020125

| | トラックバック (0)

いまさら旅行記~モルディブ③夜のマーレ空港

2009_04020035 今回、ほぼ10年ぶりの海外旅行でして、緊張の連続でした。

モルディブ共和国はインド洋に浮かぶ1000以上の島々からなる群島国家。人が住んでいるのは200島くらいだそうです。サンゴの隆起した島なのでどの島もほとんど海抜ゼロメートルに近いんじゃないかな。(これは勝手な想像)

国際空港はフルレ島にあります。この島は空港の島。そこから乗り合い水上バス(ドーニ)で10分で首都マーレ島へ向かいます。 到着時のマーレ空港。なんとなく魚市場をイメージしてしまいました    

2009_04020036_22009_04020041旅行社やリゾートのスタッフのお出迎え。ほとんど男性ばかりです。モルディブはイスラム教国なので、女性はブルカというスカーフを巻いている人も多いです。あまり外を歩いていません。

私たちはマーレで一泊して、翌朝水上飛行機でイルフシに飛ぶので、まずドーニに乗ってマーレ島へ渡ります。結構ドキドキしてます。通勤の手段でもあるようで、現地の人も乗ってます。やはり男性ばかりです。

2009_04020046空港島から近いリゾート島にはスピードボートで直行。各リゾートの名前が入ったボートが次々に暗い海の上を飛ぶように走っていきました。

すでに夜中の12時近かったはず。ホテルのベランダから眺めた船着き場。スクーターや車の通行が結構多かった。繁華街の喧噪、とまではいかないけれど。リゾートのイメージはなくちょっとおっかなびっくり。右向かいの明かりが空港。

そして夜は更け・・・翌朝夜明け前に大音量のコーランで目を覚ますことになります

| | トラックバック (0)

いまさら旅行記~モルディブ②

早く書かないと、イルフシがヒルトンになっちゃう

日本人スタッフMr.Fujiwaraのブログ。http://ameblo.jp/irufushi/entry-10153897895.html

行きは成田から直行便(モルディブの首都:マーレ経由でスリランカのコロンボ行き)でした。

機内でスリルランカの人とお友達になった!と思いきやちょっと調子にのりすぎて皆様に迷惑をかけてしまいました。深く反省

ざっと行程表をば

3/30 成田13:20------マーレ19:20(時差-4hだから10時間乗ってます)〈マーレ泊:HOTEL RELAX INN〉

3/31 水上飛行機(約45分)に乗ってイルフシへ 水上飛行機の運行はいつも決まっているわけではない。バスみたいに定期便じゃないのね。たまたま私たちは朝食後のちょうど良い時間でした。遊覧飛行のような空の旅を経験してお昼にイルフシ着。チェックインして昼食食べて、私は早速ダイビングへ。ハウスリーフ周辺でチェックダイブです

4/1 午前2本のボートダイビング 午後は夕方からエクスカーションでサンセットドルフィンクルーズに参加

4/2 午前中2本のボートダイビング 午後はプールにつかったりスノーケリングをしたりのんびりダラダラ。

4/3 朝食食べて、パッキングして荷物をポーターに預け、ランチを取ってチェックアウト。涙・涙のお別れ(旅の雰囲気にホント弱い私・・・) 水上飛行機で一路、マーレへ

買い物したり、夕日を眺めたりして時間を使う。帰路の予定は20:25発でコロンボ経由成田着は 翌4/4 11:50予定でしたが・・・

マーレ空港に飛行機がやってこないというトラブル発生。詳細のアナウンスが何もないまま待ちぼうけ・・・今日は飛ばないかも、という懸念がわき出したとたん、チェックインカウンターへという案内がながれ、3時間遅れでしたがなんとか無事に帰ってきました。

2009_04020098_2 2009_04020209

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何から書きはじめましょうか~モルディブ①

海外旅行なんて何年ぶり!?日本語が通じないところなんて嫌~ (だって、いろいろな人と話ができないから)と言っている私が、今回パスポートを更新して行ってきましたよ!モルディブ。12009_04020005

ハネムーンでもセレブなファミリー旅行でもなく、女二人旅です

22009_04020010スリランカ航空の直行便32009_04020014が飛んでます。13:20のコロンボ行き。モルディブへはマーレで降ります。

座席の間隔は狭かったテレビのモニターがついてます。ゲームもできます。映画はチャンネルの数は多いけど一斉になので、あれこれ見ることはかないません。

2009_04020026 サリー姿のCAさん。背中は開いてます。みなさん素敵でした                    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画

ブログパーツで動画の窓をつけました。

モルディブでの動画が流れる(ハズ!?)

あまりに写真が多くて収拾がつかなくなってます2009_0402 ちなみに泊まったのは、まだオープンして数ヶ月のIrufushi Beach & Spa Resort です。

水上飛行機に水上コテージという贅沢な組み合わせの旅行でした。旅行に行くと「もったいない」って朝から晩まで歩き回るこの私が4日間リゾートの中でのんびりと過ごせるのか!?

その結果はいかに

| | コメント (0) | トラックバック (0)